美容皮膚科・皮膚科・内科がある大阪市鶴見区の三愛クリニックのコラム「プラセンタの種類」

三愛クリニック ご予約お問い合わせは06-6968-5008
HOME 施術一覧&施術の流れ 医院&院長紹介 料金表 案内・アクセス
 
  施術一覧 男性治療 女性の薄毛 プラセンタ療法 ニキビ外来 美肌 ダイエット外来
sp
自費診療施術一覧 男性薄毛治療 女性の薄毛 ダイエット外来 プラセンタにんにく注射ED治療 ニキビ治療 ほくろ除去 ケミカルピーリングイオン導入 ヒアルロン酸
sp
ドクターコスメ
sp
オフィシャルサイトへ
sp
スマートフォン
掲載記事
sp
  三愛クリニックHOME  >  プラセンタの種類
ライン

プラセンタの種類 〜ドクター東條の美肌スキンケア〜

細胞を活性化させ、アンチエイジングや美容効果、美肌効果もあるプラセンタ(胎盤)。一口にプラセンタといっても、人間をはじめ、さまざまなプラセンタが存在します。そんなプラセンタの種類を紹介します。

ヒトプラセンタ

ヒトプラセンタとは、その名の通り人間の胎盤から抽出されたプラセンタ。アンチエイジングや美容に高い効果を期待でき、安全性も非常に高いプラセンタです。医療機関のみで扱うことができ、日本国内の厳格な基準をクリアした「メルスモン」と「ラエンネック」の2種類しか存在しません。これらは厚生労働省の認可を受けたプラセンタ製剤で、プラセンタ注射で使用されます。

馬プラセンタ

豚プラセンタの300倍といわれるアミノ酸を含んだ、ウマの胎盤から抽出された馬プラセンタ。日本国内では、血統や飼育まで徹底管理した環境の中で育てられるサラブレットの胎盤が利用されるケースが多く、その効果や安全性も優秀だといえます。ただ、ウマは年に1頭しか出産せず、豚プラセンタや羊プラセンタと比較すると価格は高め。主にサプリメントなどに使用されています。

豚プラセンタ

プラセンタの中で最も多く利用されているのが豚プラセンタ。ブタは年2回、一度に10頭前後を出産するために、プラセンタを効率よく大量に抽出でき、安価に利用できるメリットがあります。ブタは病気にかかりやすく、飼育過程でワクチンなどを投与されていることも少なくなく、プラセンタに不純物が混ざりやすいというデメリットも。日本SPF豚協会の定める病原体基準をクリアした、SPF豚のプラセンタが選ぶときの目安となるでしょう。主にサプリメントやドリンクなどに使用されています。

羊プラセンタ

羊プラセンタは、アメリカやヨーロッパで人気のプラセンタ。国内流通量はあまり多くありませんが、人間の胎盤に近いアミノ酸組織をもっているので、拒否反応などが起こりにくく、身体に馴染み浸透性が高いという特徴をもっています。ヒツジは免疫力が高く、病気にかかりにくい特性をもっており、ワクチンなどの投与による胎盤への影響も少ないといえます。主にサプリメントなどに使用されています。

植物プラセンタ

植物には胎盤がないので、厳密には「プラセンタ」とは呼べませんが、植物の胎盤にあたる胎座から抽出されるのが植物プラセンタ。アロエや大豆、ライ麦、トウモロコシなどから抽出されています。美肌効果などは期待できるものの、植物プラセンタには成長因子(グロースファクター)が含まれないので、健康面の改善やアンチエイジング効果などは限定的だといえます。安全性は非常に高く、主に化粧品などに使用されています。

三愛クリニック 三愛クリニック 三愛クリニック

大きな地図で見る
三愛クリニック
三愛クリニック
HOME | 施術の流れ | 医院&院長紹介 | 料金表 | 案内・アクセス | プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright (c) 三愛クリニック All Rights Reserved.