院長紹介

院長紹介

院長:東條 文龍

東條文龍

院長経歴

1970年
府立大手前高校卒
1977年
国立三重大学医学部卒
1977~79年
国立大阪大学医学部第一内科入局
府立成人病センターにて研修
1979年
社会福祉法人天王寺病院内科医長に就任
1980年
国立大阪病院などにて特殊検査(腹腔鏡及び肝生検)
担当医師として10年間勤務
2000例以上の症例を無事故にて終了
1982年
大阪市立大学医学部衛生学教室に入局
なにわ病院の設立に携り、副院長に就任
1985年
東條三愛診療所(三愛クリニック)開設
1991年
医学博士号授与
1996年
日本赤十字社・金色十字勲章を秋篠宮紀子様より授与される
東條文龍
2003年
三愛ヒーリングセンター開設
現在に至る
所属学会など
日本医師会、大阪府医師会、鶴見区医師会、日本消化器病学会、日本美容皮膚科学会、日本皮膚科学会、日本胎盤臨床研究会、各々会員

診療方針

予防と健康増進のホームドクターを目指しています

自愛・互愛・博愛の精神で、30年間奮励、努力してきました。
また、この10年間は代替治療やantiaging(アンチエイジング)を目指し、より元気に、より美しくをモットーに癒しの総合センターを目指しています。
後発医薬品(ジェネリック)をできるだけ処方し、自己負担の少ない治療を心がけています。なるべく保険治療をおこなおうと考えています。保険証をお持ちの方は必ずお持ち下さい。
クリニック内は、バリアフリーです。車椅子でも、安心して治療を受けていただけます。(トイレも車椅子可能)